楽天エディの利用で楽天ポイントカードは使わなくなると思ったら

以前、ツルハドラッグで楽天ポイントカードを使えると知って喜び勇んでポイントカードをもらってきたところ、もっと便利な楽天エディなるものがあって、ちょっとだけ落ち込んだ。

という記事を書きました。

楽天ポイント活用の新たな発見 使えるのはツルハドラッグだけではなかった!
先日、楽天ポイントをツルハドラッグで使えるということでテンションが高まって記事を書きました。 その記事がこちら。 ...

早速、楽天エディを申し込んで数日。今日あたり楽天エディが届くはずです。

クロネコヤマトでやってくるはずなんですが、ネットの追跡サービスでチェックしたところ今日の配達予定になっていました。

楽天エディが届けば残念ながら楽天ポイントカードの役目は終わるだろう。と思っていたんですが、色々とネットを彷徨い歩いていると楽天ポイントカードのメリットが見えてきました。

今回はそんなお話です。


スポンサーリンク

楽天ポイントは楽天エディにチャージ(交換)

基本的に楽天ポイントは楽天エディにチャージ(交換)しようかと思っています。

楽天で商品を買うことでポイントは貯まりますが、それと並行して楽天アフィリエイトを真面目にしているとそれなりに楽天ポイントは貯まりますから、使える場所が多い楽天エディは楽天ポイントを消費するのにはとても役に立ちます。

楽天エディのチャージは5万円まで、1回のチャージで2万5千円。という限度があります。楽天ポイントから楽天エディへの交換もこの上限が適用されるのかどうかは調べてませんが、とりあえずこれだけあれば普通の買い物はできるでしょう。

パソコンや大型テレビなどの大型の買い物に関しては、楽天ポイントのひと月の利用制限というのがあるらしくて10万円ほどの限度があるのが残念ですが、ここら辺はランクをあげてダイヤモンドランクになると50万円まで使えるそうです。

 
さて、ということで楽天エディが届けば、楽天ポイントカードは使う出番がなくなるはずだったんですが、楽天エディには期間限定ポイントは交換できないそうなんですね。

楽天エディから楽天ポイントに交換もできるんですが、交換した楽天ポイントは期間限定ポイントになるらしくて、一旦ポイントにしてしまったら楽天エディには戻せないという仕組みのようです。

といった感じで、楽天ポイントには細かいトラップ的なものが仕込まれているんですね。

その細かい重箱の隅をつつくのに役立つのが楽天ポイントカードということのようです。


スポンサーリンク

楽天ポイントカードの唯一の使用法はこれだ!

唯一と言ってしまうと楽天ポイントカードがかわいそうな気がしますが、現状考えてみるに、どうしてもこれしか思いつかないというのが本当のところです。

その役割というのは、

 
期間限定ポイントの消費。

 
ということになるでしょう。

楽天エディに楽天ポイントをチャージ(交換)して楽天ポイントを消費する。

というのが基本戦略ですが、楽天エディに交換できない期間限定の楽天ポイントは残ってしまうわけで。

それをみすみす期間限定で失効させてしまうのは、相手の策に嵌められた気分で面白くない。

そう思ってしまうわけですね。

 
まぁ、使い切らない自分が悪いんですが、だったら最初から期間限定のポイントだって楽天エディに交換できるようにしておいてくれよ。と。そう思うわけですよ。

そうなっていない以上、こちらとしても策を弄しないといけないわけで。

近場で楽天ポイントカードの使用できるところが少ないとはいえ、ないわけではないので、期間限定ポイント程度であればちょっとした買い物で消費できるでしょう。

 
これで楽天を無駄に利することのないようにしてやろうと。

まぁ楽天に恨みはないですけどね。ただそんな感じの期間限定ポイントが全国でどれくらい溜まっているのだろうかと思うと、ちょっとため息が出てくるなぁと。

そう思っただけでして。

自分くらいは少しのポイントでも使い切ってやるぞと。そう思う今日この頃でした。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする