トイレの臭いや掃除にクエン酸を活用!その効果は?

ウチのトイレは水洗トイレなのになんでおしっこ臭いんだろう?

そう思ったことはありませんか?

ないのであれば、トイレ掃除担当の方がしっかりとお掃除をされているということだと思います。

 
水洗トイレなのにおしっこ臭いのは、飛び散ったおしっこが原因なんだそうですよ。

男性は便座を上げて立っておしっこをする人が多いと思いますが、その際にかなりのおしっこが飛び散っているそうなんです。

それが原因でにおいが発生しているのだとか。飛び散ったおしっこを細菌が分解してアンモニアを出すということらしいです。

 
そんな飛び散ったおしっこも含めてトイレ掃除をクエン酸でやってみようというのが今回のお話です。


スポンサーリンク

トイレの汚れとクエン酸水

トイレの代表的な汚れというのは、

・水垢
・尿石
・水道水のカルキ

なんだそうです。

これらはアルカリ性の汚れということで、酸性のクエン酸水が役に立つということなんですね。

 
ということで、まずはクエン酸水の作り方を御紹介します。

用意するものは、水とクエン酸、そしてスプレーです。どれも100均で手に入るものですから手軽に手に入りますね。

クエン酸水の分量としては、水200ミリリットルに対して小さじ1ほどのクエン酸を溶かすことでクエン酸水が出来上がります。

簡単です。


スポンサーリンク

クエン酸水を使った掃除方法

作ったクエン酸水を汚れにスプレーした後、少し待って汚れを浮かせてからボロ雑巾などで拭き取ります。

床や壁、便器・便座、トイレタンクなどを掃除しましょう。注意点としては、クエン酸水を使用したらきっちりと拭き取ることが大切です。

金属などにクエン酸水が付いたままだと、さびの原因になったりして大変です。トイレタンクの中などは、クエン酸水を使用しない方が良いと言われています。

タンクの中の部品を傷めてしまう可能性があるからですね。最悪、水漏れになる可能性もあるそうですよ。

クエン酸水の注意点

ネットを見回すと、トイレ掃除には重曹だとか、クエン酸水が良いとするサイトがたくさんあります。

それは確かにそうなんですが、実はクエン酸水の使い方にも注意が必要らしいのです。

それはクエン酸水自体のにおいについてです。

 
トイレの臭いを消すためにクエン酸水を使うという人が多いと思いますが、クエン酸水を多く使いすぎて酸っぱい匂いをさせてしまうという人がいるようです。

クエン酸水自体はほんのりと酸っぱい匂いがするんですね。

多く使えばより多く効果があって、臭いも無臭に近づくだろうと思ってたくさんのクエン酸水を使ってしまうとこの事態に陥ってしまうようです。

 
クエン酸水がアンモニアのにおいの消臭に役立つのは、クエン酸水がアンモニアを中和するからと言われています。

ということは、中和すべきアンモニアをすべて中和してしまった場合に、さらにクエン酸水を使ってしまえばクエン酸の酸っぱい臭いが残ってしまうということなんです。

ですから、使いすぎはよくないんですね。

 
そういうときのために備えて、クエン酸水にアロマオイルを数滴たらすとよいという情報を見つけました。

アロマオイルは油ですから、水と油では混じりにくいのでエタノールを入れて混ざりやすくするとよいそうです。

エタノールがない場合は、使用前にスプレーボトルを十分に振ることで対応するといいです。

まとめ

よく言われていることだと思いますが、お金持ちになりたければトイレ掃除は欠かすなと。

結構そう言う人は多いようです。

周りにも結構います。

 
クエン酸水は100均で購入できますし、トイレ掃除もこれならそんなに難しくもないですから、それでお金持ちになれるのならやってみようかなという気になってきますよね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする