自動車税の期限に注意 手放すなら早めに手を打つべし

もう少しすると、自動車を持っている人には自動車税の納付書が送られてきます。

毎年この時期はお金が出ていって頭の痛いことが多い時期ですが、自動車税については4月1日の所有者に納付義務があるとされているので、この時期に自動車を手放そうという人も多いようです。

 
この時期に車を手放そうとすれば4月1日より前に手放さなければ損をするということになります。

どういうことかというと、4月1日に愛車を手放す場合は自動車税の納付義務があり、逆に3月31日に愛車を売却する場合は、自動車税の納付義務はないということになります。

ですから、4月1日に自動車を手放した場合は、向こう1年分の自動車税を支払わなければならないことになるわけです。

その期間は自動車を持っていないにもかかわらずです。

 
だったら早めに売却した方が良いだろうと。

できれば高く買ってもらいたいと。

そう思うのが人情ではないでしょうか。

 
そういう時には複数の会社から一括して査定してもらって一番高いところに買ってもらう。というのが一番ですね。

ネットで簡単に査定してくれるサービスがありますので、査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。


かんたん車査定ガイド

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 
いくつかの項目を入力することで簡単に愛車の相場が分かります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする