キムチ鍋の具材で定番なのは?その栄養価とオススメとランキング

冬になると食べたくなるのが鍋。僕は夏でも食べてしまいますが… 。鍋は具材を入れて煮るだけなので手軽でコスパが良いところも人気の一つですね。

最近はトマト鍋やカレー鍋など色々特殊な鍋が増えてきて、手軽にいろんな国の人が食べれるようになってきました。その中でも一般化してきて大人気なのがキムチ鍋ではないでしょうか。

キムチ鍋だけでみても豆乳をつかたアレンジや、味噌を使って食たべやすくしたものなど様々なアレンジが増えていますね。

韓国のキムチを使い程よい辛さと栄養価の高い野菜の甘味で女性を中心に、辛いもの好きな男性などに人気を集めています。

入れるものに左右される鍋は具材がとても重要だと思います。そんなキムチ鍋の定番具材から人気具材について紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

キムチ鍋の具材の定番と栄養価について

キムチ鍋に定番の具材といえばお肉は豚肉ですね。特に豚肉はビタミンBが含まれていて、糖質の代謝に関係するビタミンB1 は、甘い物やお酒が好きな人、白米を大量に食べる人は不足しがちなんだそうです。

 
次に野菜は白菜、長ネギ、にら、えのき、豆腐ですね。

白菜はお鍋が特に食べられる冬が旬で煮ると水分が出てくるためキムチの辛さが少しマイルドになります。もし辛い方が良い方というはキムチの素などを多めに入れておくとよいでしょう。

長ネギは寒い時期の風邪予防に最適です。とりすぎに注意して積極的にお鍋に使いましょう。

主にネギに含まれている栄養素はビタミンA・C、βカロテンやカルシウムとなります。粘膜や皮膚の健康にも欠かせませんし、免疫力アップも期待することができるのです。

 
そしてニラです。ニラといえば匂いが強いと敬遠しがちですよね。

にんにくにも似たニラ(韮)の臭いのもとは硫化アリルの一種アリシンという物質です。アリシンは血行促進により、冷え性や動脈効果、血栓の予防にも効果的とされています。

他にもカロテンや、ビタミンC、ビタミンEも豊富なので積極的にとっていきましょう。

 
えのきはよく栄養素がないと思われがちですが、実はビタミンB1やB2、ナイアシン、食物繊維が多く含まれています。糖質や脂質の代謝に関わり消化器を健康に保ってくれます。

大豆からできている豆腐は皆さんお馴染みの通り、良質なタンパク質が取れるほか、ミネラル、ビタミンをはじめ、「機能性食品」としての成分が各種含まれています。


スポンサーリンク

キムチ鍋の具材でオススメなのは何?

ここではキムチ鍋におすすめの具材を紹介します。

 
まずは、安定のチーズです。

食べ方はチーズの種類にもよりますが、モッツァレラチーズがまず思い浮かびます。モッツァレラチーズなら薄切りにしてしゃぶしゃぶのようにして食べるのがオススメでしょう。

チェダーチーズなら鍋に入れて溶かしてたべたり締めの雑炊にするのもおすすめですね。 後は、マンベールチーズも人気が高いです。

 
次におすすめなのが韓国版のおもちであるトックです。今ではスーパーでも見かけるようになったようです。トックは日本のおもちよりも硬いので早めにお鍋に入れておきましょう。

そしてお子様受けがいいのは、ウインナーやスパムです。 韓国のチゲやお鍋にはお肉よりもウインナーやスパムが入っていることの方が多いと聞きます。

キムチ鍋で具材のランキングをしてみた

ここでキムチ鍋の具材でどんなものが人気なのか紹介していきましょう。今回はベスト5位を発表していきたいと思います。

まず5位は長ネギです。長ネギはにれば煮るほど甘みが出てトロトロになりますよね。 栄養価が高いですし人気になっています。

 
4位はえのきです。食べやすいですしクセもないので子供から大人まで人気の具材です。

 
3位はチーズですね。最近は若いうちからチーズを食べるようになり、いろんなチーズが増え食べ方もそれぞれ違うので楽しめますしね。

 
2位は豚肉です。栄養価も高いですし、クックパッドなどを見てみても豚キムチ鍋は多く紹介されています。

 
そして1位はお鍋の定番白菜です。やはり、お鍋といえば白菜が食べたくなりますよね。

まとめ

このように、キムチ鍋にもたくさんの種類があり、楽しみ方が増えています。

今やキムチ鍋の素なども市販で出ていますし手軽に作れるようになりました。寒い冬には暖かいお鍋は必須です。特にキムチは栄養価も高く発汗効果があります。

体があたたまり汗を掻くことで老廃物が体から出るので肌も綺麗になるでしょう。

汗をかきづらい冬だからこそ、今回紹介した具材を使ってキムチ鍋を食べて温まりましょう。 そして新たな具材でキムチ鍋の楽しみ方を増やしていきましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする