銀歯が取れた時の治療費は?治療回数や予防法について

銀歯が取れた時には、速やかに歯医者さんの予約をとって治療をしてもらうべきだということは、この前の記事で書いたところですが、

銀歯が取れたとき歯磨きはしてよい?応急処置で接着剤の使用は?
虫歯のない人がいるという話を耳にしたことがあります。 赤ちゃんの時期に虫歯菌に触れなかった場合は一生虫歯にならないとかなん...

実際に治療をしてもらうとして、どれくらいの費用と日数がかかるのかということを調べてみました。

状況・状態などによって異なりますが参考にしていただければと思います。


スポンサーリンク

銀歯が取れた時の治療費はどれくらい?

これは治療方法によって異なってくるようです。

銀歯の再利用ができる場合

治療方法としては、セメントの部分が劣化しただけで虫歯もないということであれば、銀歯をかぶせるだけという処置が可能のようです。

その分、治療費も安くなります。当然、取れてしまった銀歯を持っていく必要があります。

その時の料金としては、2000円から3000円が相当だと言われているようです。

 
ただし、中にはいろいろとされて4000円ほど掛かったという人もいて、納得できずにネットの歯科医師が答えてくれる掲示板に何度か質問されている人もいました。

ですから、基本的には3000円弱というところでしょうが、状況によってはそれ以上かかる場合もあると考えておいた方が良いでしょう。

また、実際に歯医者さんに診てもらうときは、あらかじめ何をして、何にどれくらいの費用が掛かるのかということを聞いておくのが良いと思います。


スポンサーリンク

銀歯を作り直す場合

銀歯を作り直す状況にはいくつかありますが、作り直すという場合およそ6000円から必要という意見が見られました。通院回数が増えれば、それに伴って費用も上がってくるでしょう。

まず虫歯がある場合。当然、虫歯の治療をしてから銀歯を被せないと意味がありませんから、これまで使っていた銀歯は使用できません。

歯が欠けているなど歯の形が変わっている場合も今までの銀歯はそのままでは使えませんから作り直しになります。

 
虫歯については痛みがなくて気が付かない場合でも虫歯になっているという状況も考えられますので、痛みがないから被せるだけだ。

とは簡単にいかないんですね。

ある程度の治療費がかかることは覚悟しておいた方が良いでしょうね。

実際、虫歯もなく歯の形も変わってなくて以前の銀歯を使えたらラッキーだと思うくらいがちょうどいいのかも知れません。

銀歯が取れた場合、治療回数はどれくらい?

治療回数については気になるところですよね。

虫歯で歯医者さんに行ったときには、なんでこんなに回数がかかるんだというくらい通院させられるという意識が個人的には強いです。

僕も歯の治療で歯医者さんに通院しましたが、2・3か月かかった記憶があります。長いですね。

 
ということで銀歯をかぶせる際の治療回数ですが、単純に銀歯をかぶせるだけであれば1回で終わるそうです。

虫歯もなく、歯が欠けていることもなく、取れた銀歯をそのままつけるだけなので、1回で終わるんですね。

一方、歯が欠けていたりする場合は、歯型を取ったりということをして2回以上になるそうです。

最低でも2回と思っていた方が良いと思います。

 
そして、虫歯があると分かったら虫歯の治療をしなければいけませんから、もっとかかることになるでしょうね。

具体的には症状によるでしょうから何とも言えません。

常日頃から歯磨きなどのケアは大事だということですね。

銀歯が取れないように予防するには?

銀歯が取れる理由としては先ほども書きましたが、虫歯かセメントの劣化ということが考えられます。

セメントの劣化については予防するのは難しいでしょう。セメントの寿命が来たということであれば、あきらめて歯医者さんにお任せするしかないですね。

 
ですから、銀歯が取れないように採れる対策としては、虫歯対策ということになります。

常日頃から歯磨きをするということはもちろんですが、歯の定期的な検診をするというのが良いのではないでしょうか。

銀歯の周りを磨ききるというのは、かなり難しいと思います。

 
テレビで見たことがありますが、歯を普通に磨いてくださいと言われて磨いた後に赤い液体を口に含んで、こんなに磨き残しがありますよ。と言われる。

そんな放送を見たことはありませんか?

磨けているようでかなり磨き残しがあるんだなと分かります。ですから、歯医者さんに定期的に見てもらって歯の健康を保つ。

というのが一番なんじゃないかと。そう思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする