疲れ目と眼精疲労 その原因・症状とめまい、対策について

現代人は色々と忙しくしていることもあって、疲れ目に悩まされている人も多いと聞きます。

特にデスクワークで同じ姿勢を長時間とっているひとやスマホで長い時間ゲームをしているなど疲れ目になりやすい環境も整ってきてしまっています。

そこで今回は、疲れ目や眼精疲労の原因、めまいなどの症状、その対策について調べてみました。


スポンサーリンク

疲れ目と眼精疲労

疲れ目も眼精疲労も目の疲れということですが、まずは疲れ目に始まり、それを放置してしまうことで眼精疲労になってしまうということのようです。

眼精疲労がひどくなると頭痛や嘔吐という症状が出てくると言われていますので、目が疲れたなと感じたら放っておかないで対処すべきだということですね。

眼精疲労を起こす原因

眼精疲労というのは目の疲れですから、目に負担をかけているわけですよね。

それは度数の合わない眼鏡だったりするでしょうし、同じ姿勢を取り続けていて血流が悪くなっているということもあるようです。

また生活リズムが乱れていたり、スマホのやりすぎということも考えられます。

生活リズムやスマホというのは、いかにも現代的な原因とも言えますね。

 
また、40代になると老眼が進むと言われます。

僕も40歳を超えてきて老眼になったなぁと感じますが、やっぱりピントが合いにくくなってきて以前よりは目の疲れを感じるようになりました。

タイミングを見て目の休憩をしないといけないなと、若いころのように無理はできないなと実感しているところです。


スポンサーリンク

眼精疲労からくる症状の一つとしてのめまい

眼精疲労からめまいを生じることがあるようです。

酷いめまいは歩行が困難になって、立っていることも難しいものもあるようですから結構危険です。

疲れ目を放置しておくと眼精疲労に進んでしまうそうで、疲れたなと思ったら素早い対応が大事なんですね。

疲れ目対策として

目薬だったか何かの薬のCMでビタミンB配合などというフレーズを聞いたことがあると思いますが、疲れ目対策としては、ビタミンB群が良いと言われているようです。目の充血などにはビタミンB2がよいそうです。

また、サプリの通販などでもブルーベリーが良いとも耳にします。これはブルーベリーに含まれるアントシアニンが目に良いそうなんですね。

しかしながら調べてみると、アントシアニンには即効性がなく、予防として使用するのが良いとのこと。

ですから、ブルーベリー系のサプリを使うなら症状の軽いうちから使用しておくというのが良いということなんでしょうね。

 
それ以外の対策としては、基本的に目を休めるということが言えるでしょう。

仕事中であれば、ちょっと休憩をはさむとか、同じ姿勢を取り続けて血流の流れが悪くなっているということであれば、軽い運動をしてみるのもいいかと思います。

血流をよくするという点で言えば、入浴して血行を促進するということもいいでしょう。

 
眼精疲労は放っておくと嘔吐やめまいを引き起こすとのことですから、単なる疲れ目と思わずに早めに対処することが必要なんですね。

 


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする