サラリーマンの年末調整の時期はいつになるのか

年末調整は読んで字のごとく年末に調整することから、一般的には12月の最後に支給する賞与及び給与で処理することになっています。

12月でなければならない理由は、年末調整をするための絶対条件としてその年の年収を確定しなければならず、年末調整の1年というのは本年の1月から12月までの1年サイクルとなっているからです。


スポンサーリンク

その年の最後の給与を支払った後でさらに給与が支払われるようなことがあれば、年末調整で確定した年収が増えてしまいます。そうなると結局、年税額も増えてしまうことになります。

過不足計算をして確定した税額もまた計算しなおさなければいけなくなります。

このルールは、全国統一のルールなので北海道に住んでいる方が沖縄に転職したとしても年末調整をするのは12月の最終給与及び賞与となります。

もちろん、その時には北海道で働いていた時の源泉徴収票を会社の給与担当者に渡して年収を合算した形で年末調整するのが通説となっているようです。


スポンサーリンク

年末調整の還付時期はいつなのか

年末調整の過不足計算を行うことで、税金を追徴するのかあるいは還付するのかということがはっきりします。

基本的には12月の最終の支払い給与及び賞与の時に追徴するか所得税欄をマイナス表示させて還付する方法が一般的だと思います。

中には給与とは別に12月に還付及び追徴を設けて帳尻を合わせたり、翌年の1月で調整したりしているところもあるようですが、まれに近いケースだと考えられます。

やはり、過不足計算をした時の給与で差し引きするほうが最も効率がよくわかりやすいというのが、給与を受け取っている側の一般的な感じ方でしょう。

特にその辺は国税庁からも指示はないようで、年末調整の前になると年末調整のしかたという冊子をもらえますが、特に還付時期についての記載もないとのことです。

過不足計算の支給方法よりもきっちりとした各人の年末調整業務を行うようにいつも説明会では連呼されているようです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする