会社員の年末調整の時期について

一般の会社員の方で給与所得者であれば煩雑な事務手続きをとらずに会社が年末調整を行ってくれます。ただし年収が高い人については確定申告をしなければならない人も例外的にいるのを忘れてはいけません。

年末調整では扶養控除申告書や保険料控除申告書等の提出が義務付けられています。

たとえ扶養親族がいなくても保険料控除がなくても署名、捺印をして会社に提出しなければなりません。


スポンサーリンク

仮に提出書類を出さなかったとしても会社は便宜上年末調整をすることにはなりますが、出さなければならいない書類で税務調査とかが来た場合は監査指導の対象になると聞いたことがあるので要注意です。

年末調整をする時期については、基本的にはその年の12月の最終の給与あるいは賞与で年末調整をすることになるようです。

まれに翌年の1月に年末調整をするところもあります。

ですが、前者の方が圧倒的に多いので12月と思っていて頂いてよいでしょう。現状を見てみると、多いのはその年の12月で例外が翌年1月です。


スポンサーリンク

年末調整はいつまでに書類を提出したらよいのか

上述にもあるように年末調整を行う時期については、その年の12月だと思っていただいてよいでしょう。

そこから逆算して給与担当者は段取りをするのですが、基本的には12月は通常の月例給与計算に加えて年末調整業務や賞与月に該当する場合が多くて繁忙期を迎えていることも理解しておきましょう。

提出の期限として、12月10日ぐらいまでを考えておかないと間に合わないケースがあるようです。

年末調整は流れ作業的なところがあり一人だけでも提出が遅れると他の期日厳守で書類を提出した方へも影響が及ぶものだと聞いたことがあります。他の方への影響を考えても期日は守って書類を提出したいですね。

また、毎年時期がわかっているのできっちりと準備期間があります。

ただ準備期間が長いだけに、その間に捨ててなくともどこかに紛れて手元にないというパターンが往々にしてありますので書類関係には細心の注意を払って厳重に保管しておきましょう。

後から提出すると年末調整に間に合わずに自分で確定申告に行く方が手間暇かかるので決められたルールは守るのが一番です。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする